銀杏(ぎんなん)を茶封筒で温めればすぐ食べられます。500wで50秒位!

たぬをです。

先日、道の駅「まくらがの里こが」に行って銀杏を買ってきました。
やっぱり道の駅はいいですね。たっぷり入って300円もしない値段で買えました。
生産者も書いてあるし安心です。

茶封筒で銀杏を温める方法

茶封筒を用意

まず、茶封筒を用意します。
ネットで調べると理由は分かりませんが、茶封筒が良いそうです。
定型の細めなやつを用意しました。
これに20粒程入れます。

ginnan_fuutou_001

レンジでチンする(500Wで50秒)

量などにもよりますが、何度か試したところ500Wモードで50秒くらいが調度良かったです。
ポン!ポン!と弾ける音がします。何粒か弾ければ良い感じです。

ginnan_fuutou_002

弾けていない殻を割る

何粒かはレンジで殻が割れていないものがあります。
それらを瓶の底で砕いたり、ハサミで切れ目を入れたりします。

ginnan_fuutou_003

幼児には注意が必要かも

調べていたら銀杏にはビタミンB6の作用を妨げるメチルビリドキシンという中毒物質が含まれているそうです。
食べ過ぎは大人もそうですが、解毒作用の少ない幼児の場合注意が必要とのことです。

まとめ

今回紹介した方法だととても簡単です。
茶碗蒸し、串焼きとかの下ごしらえの時にも使えますね。

また道の駅に行ったら買ってこようかと思います。

たぬ子
下の『LINEで送る』をタップするとお友達・ご家族にシェアできます。
たぬを
仮面ライダービルド、宇宙戦隊キュウレンジャー、プリキュアなどのキャラクターからお子様宛に直接お手紙が届く面白いサービスです。お誕生日祝い、クリスマスなどで重宝します。




【外食が多めなご家庭にオススメ】
たぬを
外食が多めのご家庭の方!オススメのサービスです。外食をして対象の店舗の場合、レビューを書いたりすればそのお会計が無料になる場合も!