トミカケースを自作する方法【トミカを20台収納】

たぬをです。

トミカケースを自作しました。

トミカケースを自作する方法

用意するもの

プラスチックカゴ(今回用意したものは、約30cm×20cmのもの)
仕切り板(プラスチックカゴに合わせてちょうど良いサイズを。この写真のものは幅6cmですが、幅は小さい方が良いかもです。)

tomica-case-jisaku_01

参考:トミカのサイズ

トミカのサイズですが、外箱換算で普通のサイズは横7.8cm×高さ3.9cmです。
ロングトミカの場合は横15.6cmです。

手順1:持っているトミカを確認

トミカには色々なサイズのものがあります。山崎パンのトラックの様な高さのあるもの、86、フェアレディZの様に車高が低いものなど。
まずは持っているトミカを確認しましょう。ロングタイプのトミカがあったりしたら、それ用のスペースを作る必要があります。

tomica-case-jisaku_02 tomica-case-jisaku_03

手順2:カゴの底面のサイズで仕切り板をカット

タテ・ヨコで仕切り板を先にカットします。
tomica-case-jisaku_04

手順3:トミカを置きながら仕切り板をセット

トミカをおきながら、タテ・ヨコのサイズを見ながら組みます。
子供、大人両方がトミカを楽に取ることができるようにピッタリすぎないのがポイントです。
車高が高い、山崎パンのトラック、清掃車、消防車を基準にしてみました。

tomica-case-jisaku_05

手順4:【トミカケースの完成】

トミカを入れて、完成です。
tomica-case-jisaku_06

まとめ

これから何台買うことになるかも分からないので、百均で済ませてみました。
だけど、結構良い感じです。

それにしても、トミカはクルマを覚えるのには良いおもちゃですね。うちの息子はトミカと同じクルマをドライブ中に見つけると喜んだりと。特に山崎パンのトラックを街中で見つけた時はたぬ子、息子、私で一気にテンションがあがります。(笑)

【外食が多めなご家庭にオススメ】
たぬを
外食が多めのご家庭の方!オススメのサービスです。外食をして対象の店舗の場合、レビューを書いたりすればそのお会計が無料になる場合も!