「こども用Suica」「小児用PASMO」の買い方

たぬをです。
息子も無事小学生になりました。本当に時が立つのは早いです。

小学生になるということは、未就学児ではなくなります。
つまり、電車に乗るときも「こども料金」がかかるということです。息子の念願だった、「こども用Suica」を買いました。

今回はその買い方についてまとめてみました。「こども用Suica」を買うのはとても簡単です。身分証明書とお金を持って、駅の窓口に行くだけです。

ご参考にどうぞ。

「こども用Suica」「小児用PASMO」の買い方

「こども用Suica」の正式名称は?

正式には、「My Suica(記名式)」と呼びます。なお、普通の無記名で買えるSuicaには子ども用はありません。名前、生年月日をきちんと申請して買う、「My Suica(記名式)」だけです。

上のモザイクのところに子どもの名前が印字されています。

なお、こども用のPASMOは「小児用PASMO」というのが正式な名前です。

「こども用Suica」はいつまで使えるか?有効期限は?

満12歳に達する日(誕生日前日)以後の最初の3月31日までが有効期限です。購入時に生年月日を申請するので、自動で計算されます。キレイに使っていれば6年ずっと使い続けることになります。

買うときに用意するものは?

「こども用Suica」「小児用PASMO」ともに保険証、パスポート、マイナンバーなど子どもの本人確認ができる証明書が必要です。親ではなく、子どものものです。意外と子どもの身分証明書って少ないですね。運転免許証もなければ、公共料金の支払い伝票も無いですし。

「こども用Suica」が買える場所は?

JRのみどりの窓口で申込用紙をもらい、買いました。なお、新年度あたりはみどりの窓口がすごく混んでいます。買うなら時期をずらして買うのが良いかと思います。

「小児用PASMO」が買える場所は?

PASMOが使用できる電車の駅、バスの営業所の窓口で買います。

「こども用Suica」にいくらチャージするか?

デポジット500円に2,500円チャージで足して、3,000円出しました。
でも、これからはあえて少なく1,000円ずつ息子にチャージさせようかと思います。どうしても電子マネーとなると、現金のありがたみ、お金の重さが分からなくなってしまいますので。

まとめ

「こども用Suica」を持って、息子も自分で少し大人になったような顔をしていたのが印象的でした。前から「自分の電車のカードが欲しい」と言っていました。

「こども用Suica」を使ってたまには電車でおでかけをしたいと思います。

【オススメ情報】
たぬを
ちょっとここで、お得情報を読者の皆様へ。

お子様のお勉強対策は何を使っていますか?Z会って大学受験、高校受験のイメージがありますが、なんと!幼稚園児向けの幼児コースもあるってご存知でしたか?