「めんたいパーク」の攻略方法。辛いものが食べられない幼児と一緒でも楽しめる!

たぬをです。

先日、前々から気になっていた茨城県大洗にある「めんたいパーク」に行ってきました。
知人からの情報では試食が楽しいよということで、大人はワクワクしていました。しかし、息子はまだ辛いものが食べられません。子どもでも楽しめるかな?と少し不安な中の訪問でした。

※めんたいパークには大洗、とこなめ、神戸三田、大阪ATCの4箇所ありますが、この記事は大洗のレポートです。

【入場無料】「めんたいパーク」の攻略方法

その1:ピークタイム15:00頃を外して訪問する

めんたいパーク:駐車場

Googleのクチコミ情報によると最も人出が多い時間が15:00台でした。この時間を外して行くと良いでしょう。

観光バスのツアーコースにもなっているようなので、観光バスが来ると一気にごった返します。

めんたいパーク:観光バス

その2:入店したら真っ先に明太子の試食に並ぶ

試食の行列は常にありました。回転が良いので少しの行列でも並んで見ると良いと思います。

で、この試食の明太子の味ですが、最高です。普段スーパーで買っている明太子とはツブもダシ(下味)もまったく違います。美味しかった~。

めんたいパーク:明太子試食

その3:工場見学のコース中にあるゲームで遊ぶ

ここで、子ども向けのゲームなどがあります。
試食もできない子どもにとっては貴重な遊びアイテムです。

めんたいパーク:工場見学入口 めんたいパーク:工場見学コース めんたいパーク:工場見学ゲーム めんたいパーク:工場見学神経衰弱 めんたいパーク:工場見学ゲーム

ゲームはタッチパネルの機械で神経衰弱、パズル、間違い探しなどができました。意外とこれにハマってしまい結構な時間遊んでいました。

大人はしっかりと工場見学。ただ、休日だったので工場は稼働していませんでした。

めんたいパーク:工場見学コース めんたいパーク:工場見学コース

その4:フードコートのおにぎり狙いなら早い時間に

フードコートの名物であるおにぎりですが、私たちが行った夕方には既に鮭やたらこなど子どもでも食べられるものは売り切れになっていました。
おにぎり狙いなら早い時間に行くと良いでしょう。

めんたいパーク:フードコートおにぎり

その5:明太ソフトクリーム&牛乳ソフトクリームでまったりと

ここの名物である「明太ソフトクリーム」を食べてみました。息子は普通のソフトクリームです。
「明太ソフトクリーム」は明太子が入っていてプチプチと甘じょっぱい。これが結構やみつきになりそうな味です。

めんたいパーク:明太ソフトクリーム

その6:明太子の代わりにぬいぐるみでもおみやげに

かわいいめんたいパークのキャラクター「タラコン博士」「タラピヨ」のぬいぐるみやストラップなどのグッズが売っています。明太子の代わりに子どものおみやげに最適です。

めんたいパーク:お土産

その7:大洗港のカーフェリー「さんふらわあ」を見てのんびりと

隣の敷地(港)でさんふらわあが停泊しているのをタイミングが合えば見られます。
港をぶらぶらとお散歩ができますので、気分転換にも良いでしょう。

めんたいパーク:さんふらわあ

めんたいパークの場所・アクセス

住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3(大洗港第二埠頭内)

詳細情報は公式サイトをご覧ください。

【外食が多めなご家庭にオススメ】
たぬを
外食が多めのご家庭の方!オススメのサービスです。外食をして対象の店舗の場合、レビューを書いたりすればそのお会計が無料になる場合も!